犬白内障目薬

犬白内障目薬/大切な老犬の白内障治療目薬キャンC(CAN-C

犬の白内障

 

家族のように大切に飼っている犬の白内障をそのままにしていて目が真っ白になり何も見えない状態で老犬になっていく犬が沢山います。

 

犬が白内障になリ始めるのは5歳ぐらいからと言われています。

 

ですが、5歳ぐらいの犬の白内障の状態を飼い主が見てもまず分かりません。

 

白内障が徐々に進んで、目が白くなってから気が付く場合がほとんどです。5歳を過ぎた犬は白内障の手術に大きなリスクが生じます。

 

白内障の手術を犬が受けれるのは4歳ぐらいまでが限界と言われています。

 

犬白内障

現在では、犬の栄養状態も良くなり長生きする犬が増えています。

 

犬は老犬になりますと、必ず白内障になって何も見えない状態になります。そんな経験を持っている方は大勢いるのではないでしょうか?

 

犬の白内障の目薬があるのをご存じですか?

 

犬が白内障になり始める5歳ぐらいから、目薬を予防として使用していればかなりの確率で犬は白内障にならなくて済みます。

 

すでに白内障になってしまっている犬でも、その白内障を軽くする事が目薬で可能です。

 

その名はキャンC(CAN-C)と言います。

 

この目薬はすでに10年以上の臨床検査の結果副作用が無いことも分かっています。

 

犬の白内障の手術は、片目で30万円〜40万円、両目だと、70万円〜90万円の費用が掛かります。

 

白内障の原因

 

白内障はどのようにして起こるのでしょう。

 

金属が長い間に酸化して錆びてしまうのと同じで、人間でも犬でも目の黒目(水晶体)が酸化して白く濁る事が原因で白内障は発生します。

 

通常では、体内にある天然の酸化防止剤・カルノシンが各臓器の酸化を防止しているのですが、年と共にこのカルノシンが不足してきて、水晶体の酸化が進んでしまうために起こります。

 

人間の場合には、白内障と言う病気として外科的治療を受ける事が出来るのですが、犬などのペットでは保険はありません。

 

また、人間の白内障の医療的な進歩に対して、犬などのペットの白内障の手術は10年ぐらい遅れていると言われています。

 

ですので、人間と違い犬の白内障の手術はかなり危険が伴うと言うことが言えます。

 

犬が白内障になりそれが酷くなりますと、見た目でも白くなって分かります。

 

大きな犬の症状の特徴としては、

 

歩いていても壁に当たってしまう。

 

物音に敏感になる。

 

動きたがらなくなる

 

このような症状が出てきましたら、もう打つ手はありませんので、自然に任せるだけになってしまいます。

 

このような状態を少しでも先に延ばし健康な状態で少しでも多くの時間を愛犬と楽しく過ごしていたいと思うのでしたら、4代ぐらいからキャンC(CAN-C)を予防としてお使いになる事をお勧めいたします。

 

キャンC(CAN-C)には、Nアセテルカルノシン(NAC)という「複合アミノ酸」が入っており、この目薬を差す事で、黒目(水晶体)が酸化を防止する天然の酸化防止剤カルノシンに変化して、水晶体の酸化を防止することができます。

 

犬白内障目薬キャンC(CAN-C)の購入方法

 

キャンC(CAN-C)は国内では販売をしておりません。

 

海外で購入することができます。

 

医薬品の個人輸入と言うシステムを利用して海外からキャンC(CAN-C)を購入することができます。

 

医薬品の個人輸入では、決められた量までの薬でしたら、個人の責任で輸入していいことになっています。

 

ですが、医薬品を個人輸入したことがある人はいないでしょうから、方法が分かりません!

 

安心してください。この医薬品の個人輸入を代行してくれる会社がありますので、ネットショッピング感覚で購入することができますので簡単です。

 

医薬品の個人輸入に関しては、如何様な商売をしているところもありますので、注意をして下さい。

 

又海外にはキャンC(CAN-C)のジェネリックのシーナックも発売さえていますので、更にお安い価格で購入することも可能です。

 

犬に使用する場合には、4歳ぐらいから水晶体の酸化防止を防ぐ意味で毎日点眼する事で効果を発揮してくれます。

 

キャンC(CAN-C)にはこの他に、老眼や目の病気に対しても効果がある事が分かっています。

 

白内障だけでなく同時にいろんな目の病気にも効果がありますので、愛犬の健康のために是非キャンC(CAN-C)を使用してい見て下さい。

 

犬の白内障の種類

 

先天的白内障

 

この白内障は滅多にいませんが、生まれつき白内障の犬がいます。ペットショップで犬を購入するときには、良く目を見て先天的白内障があるかないかを良く確認してから購入するようにしましょう。一度飼った犬は死ぬまで面倒を見る事が日本の法律でも決まっていますので、良くその点を考えた上で慎重に選ぶ事が重要です。

 

後天的白内障

 

犬の白内障で一番多いタイプでほとんどがこのタイプになります。
原因は高齢、怪我、目の病気などが原因で白内障になって行きます。
この手の白内障には、目薬でも予防が肝心ですので、愛犬と長く楽しい生活を送りたい方は、是非使用してください。

 

若年性白内障

 

5歳ぐらいから白内障が進んで行く犬を若年性白内障と呼んでいます。
最近はこの手の犬が非常に多く、早い段階から白内障になっていく犬が多くいます。
家庭で犬を飼う事が最近では多く、綺麗にしたいために良くお風呂に入れるのですが、顔のあたりに水を掛ける事を犬や嫌がりますので、それが原因で、シャンプ―などが目に残ったままの状態で、目を悪くする犬もたくさんいます。

 

老齢性白内障

 

このはどの犬でも必ず加齢とともに白内障は進行していきます。
この時点ではすでに白内障の手術をできない年齢になっていますので、手の施しようがありません。
そのような状態にならないように、早期に白内障の目薬を使用していきましょう。
目薬は効果が無いと書いているサイトも多く存在しますが、もし効果が無いのであれば、この目薬が今現在もい多く売れている事自体がおかしなことになってしまいます。

 

犬白内障目薬キャンシ―に関する詳細はこちらからご覧になれますので、ご参照ください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ